医師の質が問われる現代社会

患者は、医師というものは、テレビで出てくる「神の手を持つ医師」など、特に有名な医師以外は、どこの病院にいる医師も皆、等しい知識や技術を揃えていてくれるものだろうと感じてしまっていないだろうか?

 

けれども、実際は医師の経験や性格で治療方針や検査方法が違ってくる事もたくさんあるように思う。私の知人でも、2人、医師の診断ミスや経験不足と思われる行為で、すばやく本来の治療を受ける事が出来ずに、症状が重症化してしまった人がいる。

 

私たちは医療に関して無知なので、辛い症状を医師に訴えた時「それは薬の副作用です」や「気にしすぎです」と言われてしまえば、それ以上の事は何もする事はできず、我慢するしかありません。

 

いつまでたっても改善されない症状に、私の友人は自ら病院を変え、違う医師の診断を受けました。その結果は、前の医師の診断とは違うものでした。

 

前の病院の医師は友人が辛い症状を訴えるたび「自分はこんな症状を知らない」や「この病気にそのような症状は出た事がないので、その症状はこの病気のせいではありません」と言い、自分の経験を診断の材料にしてしまっていたのです。

 

けれど、そんな時でも「自分は出会った事もない症状」かもと論文を調べたり、知り合いの医師に相談するなど、自分の経験以外の知識を入れようと思えば出来たはずです。
そうすれば、友人にもっと早く正しい治療法がみつかったかもしれないのです。

 

私たち患者は、医師は絶対的なものではない事をしっかりと心にとめておき、自分で「おかしい」と思う事があれば、迷わず別の医師の診断を仰ぐ勇気が必要だと思う。